情報収集と、思いきりと、強い心が大事。

Y.Mさん受験歴: 新試験2回
国立大学法学部
国立大学法科大学院 【既修】2017年入学・2019年修了
【受講歴】スタンダード論文答練 西口クラス 司法試験全国公開模試 他

1 司法試験の受験を決意した経緯

 中学生のとき、刑事裁判をモチーフにした某ゲームにはまりました。その影響で、弁護士・検事への漠然としたあこがれを抱き、法学部に進学しました。
 大学では、入学当初にお世話になった先輩方がたまたま法曹を志す人ばかりであり、また仲良くなった友人がたまたま入学当初から司法試験受験を決めており、さらに所属したゼミもたまたま法曹を志す人が多かったという、たくさんの偶然の集まりにより、気づけば法科大学院への進学を決めておりました。

2 法科大学院受験前の学習状況

 学部での勉強は、大学の授業の予習・復習が主でした。一応、予備校の入門講座をとってはいましたが、答案を書く練習をほとんどしていなかったため、インプットとアウトプットが上手く結びつかないどころか、設問ごとに行間をあけるのはいけないことや、最後を「以上」で締めることといったような答案としての書き方があることも知らない状態でした。
 そして、大学の定期試験の延長のような気持ちで私立法科大学院を受験し、当然ながら既修・未修を問わず全て落ちました。お恥ずかしながら、そこで初めて司法試験を意識した勉強をしなければならないことに気づき、国立法科大学院入試までの残り2か月ちょっとの間、法科大学院生の先輩に泣きつきながら、答案の書き方を叩き込み、なんとか既修コースに滑り込みました。

3 法科大学院入学後の学習状況

 法科大学院入学前は、受験する法科大学院の入試科目に絞り込んで勉強していたため、特に入試科目になかった授業についていくのは大変でした。そのため、授業への準備や課題の消化に日々追われたり、教授の支持する学説にこだわってしまったりと、司法試験を意識した勉強がおろそかになっていきました。
 司法試験の過去問検討は、2年の初冬から行っておりました。2年の夏休みあたりから答案練習がろくにできていないことに危機感をおぼえるも、インプットが足りていない不安から、なかなか答練に踏み出せなかった私を見かねて、友人が自主ゼミを組んでくれた形です。自主ゼミの内容は、時間を計りながら一緒に解き、互いの答案を見せ合って講評しあうというもので、これにより、他人の答案と自分の答案を比較する相対的評価の視点を覚えました。もっと早く始めればよかったと思います。

4 受験対策① 辰已講座の利用方法とその成果

(1) スタンダード論文答練 西口クラス、LASTコーチ
 2回目のときに利用しました。通学できる範囲にある大阪校で行われるという点と、辰已専任講師・弁護士の西口竜司先生の熱血な指導方法がなんとなく自分に合っているのではないかと感じた点が、受講の決め手です。ストレート合格を逃すと、友人同士で集まって勉強することが難しくなるため、毎週通学することができるなら孤独を感じることも少なくなるだろう、さらに複数回受験生の指導が得意だという先生の指導の下でなら最後まで心折れずに試験に臨めるのではないかという期待がありました。
 西口クラスを受講して得た成果は多々ありますが、大きなものとして①言いたいことを伝えられる書き方を学んだこと、②相対的評価の理解、③精神的安定の3点があげられます。
 1点目について、西口クラス、特に通学クラスでは、教室で書かれた答案の中から何通かがピックアップされ、その日の解説で講評されます。通学クラスの人数は多くないので、そこそこの頻度で自分の答案が講評されることになります。そのため、自分の言いたいことが先生に伝わっているのかを、答案を書いた日に知ることができました。さらに、休憩時間等にその場で質問できるため、なぜ伝わっていないのか、どのようにしたら伝わりやすくなるのかについて、直接聞くこともできました。私は、LSの時からたびたび規範とあてはめを混同しており読みにくいとの指摘を受けていながらも、その2つの書き分けがずっとよくわかっていなかったのですが、改善されたのはこのおかげだと思います。余談ですが、この答案を書いたのはチキンな男ですね!と言われたのを今でも覚えております。以降当分の間、攻めの姿勢と字をきれいに書くことが私の目標になりました。
 2点目について、1点目とややかぶりますが、ピックアップされた他人の答案を見て、これに対する講評を聞くことで、周りの受験生がどのような答案を書くのか、合格のために必要な要素は何なのか、自分に足りないのは何なのかを知ることができました。
 3点目について、西口先生の指導はパンフレット等にたびたびあるように熱血です。私は、自分の知らないことがあったり、答練の成績が悪かったりすると、もう間に合わないのではないかと、パニックに陥るきらいがあったため、先生の過去の受験生の話や、まだ間に合う!という力強い言葉によって大変勇気づけられました。ただ、熱血が苦手であり、穏やかに淡々とした指導を受けたいという人には、あまりおすすめできないかもしれません。運動部のノリが好きな人、勇気づけてほしい人にはおすすめできます。

(2) 全国公開模試、NEW辰已・全国公開模試
 1回目と2回目の両方において利用しました。模試は、普段辰已の講座を受講していない人も含め多くの人が受けるので、自らの大体の位置を良くも悪くも知ることができます。ランクや点数が悪くても気にしないことと、採点者のコメントはしっかり受け入れることが重要だと思います。

5 受験対策② 私がやって成功した方法など

(1) 短答対策
 私の1回目の最大の敗因が短答でした。模試ではそれなりに良かったのですが、本番は足きり点+1点しかとれませんでした。
 原因は、選択肢の正誤をなんとなくの雰囲気で選ぶくせがあったことです。
 そのため、憲法と刑法については、1回目ではなんとなく解いていた辰已の短答過去問パーフェクトを、間違えた理由を考えながら解くようにしました。また、何度も解くと選択肢の並びの雰囲気でなんとなく正解を察するようになるため、辰已の肢別本も導入しました。
 改正民法については、過去問がどれほど有用かわからなかったため、肢別本と西口クラスで配布された改正部分がまとめられたプリントを解くことと、条文の素読を中心に行いました。
 そして、いずれの科目についても、複数回間違えた問題をエクセルにまとめました。コツは、まとめる際に答えが全て〇になるように問題文を変えることです。本番で、この選択肢ノートにまとめた覚えがあるけど正解は〇×のどっちだったっけと悩むのを防ぐためです。

(2) 論文対策
 私の1回目の敗因として、知識不足と練習不足があげられます。
 まず、知識不足について、1回目の時は、百選の中でもトップクラスに有名な判例を全く覚えておらず、大問をまるっと落としたという大反省がありました。しかし、リベンジ受験生について、自らの敗因を知識不足であると誤解した結果、迷走する失敗例が多いことは聞いていたので、知識不足にこだわらないようにしなければならないとも思いました。
 そこで、百選を何度も読み込み、深く調べる学説は百選の解説や過去問の出題趣旨等の受験生の多くが触れるものに載っている範囲のみとし、受験生の大半が持つ知識について余すことなく覚えることを意識しました。
 練習不足については、練習量を増やすしかないため、過去問の検討を中心に答練を繰り返しました。心がけたのは、時間配分や章立て等の問題形式が変わっても変わらないルーティーンを作ることと、読みやすい文章を書くことです。時には法律に詳しくない家族に読んでもらい、文章として読みやすいかを確認してもらいました。

(3) ユーチューブ
 西口先生がユーチューブにおいて、ざっくりとした条文解説や百選の解説の動画をあげていらっしゃいます。答練等のがっつりした勉強をする気分ではない時や夜眠れない時、散歩する時などに聞いていました。特に民法の条文の解説は、素読の代わりにもなりました。知識の面でも精神面でも支えになりました。

6 受験対策③ 私が使用した本

(1) 短答過去問パーフェクト・肢別本
 使用方法は短答対策の欄の通りです。

(2) ぶんせき本
 受験生の再現答案も数多く収録されている、辰已の論文過去問集です。過去問を解いてはぶんせき本を見て、出題趣旨・採点実感・再現答案を読むといった形で最も使い倒したシリーズとなりました。出題趣旨と採点実感は法務省のHPでも全文を見ることができますが、ぶんせき本はこれらを設問ごとに切り取って載せているためとても読みやすいです。

(3) ハイローヤー(辰已)
 1回目も2回目も試験範囲の山あてが掲載された号を読んでいました。個人的に当たるか外れるかはあまり意識していなかったため、山があたったことによる直接的な効果はわかりませんが、他人がやっている準備については私も万全であるという心の平穏を保つために役立ちました。

(4) 百選
 刑法についてはあまり使用しませんでしたが、その他の科目についてはぶんせき本の次に多く読み込みました。また、直前期にざっと読み返せるように、特に重要な判例のページには、大きめの付箋に事件の概要や判旨の流れのまとめ、答案にそのまま使えるキーワード等を書いて貼りました。短答対策にも論文対策にもなりました。

(5) その他
 基本書の中で一番役に立ったのは、基本刑法です。論点が項目立てて説明してあるため、自分が見落としている論点の発見及び理解に役立ちました。
 また、Law Practiceシリーズは、百選と照らし合わせながら読むことで、事案の概要のより深い理解や規範の使い方の理解に役立ちました。

7 自己の反省を踏まえ、これから受験する人へのアドバイス

① LS生へ
 現役LS生は、同期や先輩がすぐそばにいることが一番の強みです。勉強方法やそれぞれの答案の書き方等について、積極的に情報交換をすると良いと思います。
 また、過去問は早いうちから手を付けておいた方が良いと切実に思います。

② リベンジ受験生へ
 これは、私が西口先生やLSの先輩、実務家教員の方々から何度も聞いたことであり、きっと多くの受験生が聞いたことだと思いますが、他の多くの受験生が当たり前に書けることを当たり前に書ける人が合格するのです。
 司法試験を必要以上に難しく考えすぎず、身体面・精神面両方の健康に気を付けてお過ごしください。

辰已法律研究所 受講歴

・スタンダード論文答練 西口クラス、LASTコーチ
・司法試験全国公開模試

タイトルとURLをコピーしました